ポートリー

製品情報 > ポートリー

パーレシン®

アンピシリンを10%含有する経口用の散剤です。

効能・効果【有効菌種】
ブドウ球菌、クロストリジウム、大腸菌、サルモネラ

【適応症】
牛:細菌性下痢症
豚:細菌性下痢症
鶏:ブドウ球菌症、壊死性腸炎、大腸菌症
用法・用量1日1回、体重1kg当たり、アンピシリンとして下記の量を強制的に経口投与するか、又は飲水に溶かして、若しくは飼料に均一に混じて経口投与する。
牛(生後6ヶ月を超えるものを除く):4~12mg(力価)
:4~12mg(力価)
:5~20mg(力価)

ただし、重症例には上記量の1日2回又は上記量の倍量まで増量する。
包装5kg(1kg×5分包)
対象動物牛(生後6ヶ月を超えるものを除く)、豚、鶏
投与経路1 強制経口投与
2 飼料添加
3 飲水添加
製剤区分抗生物質製剤
貯蔵方法室温保存