革新的な製品と取り組みで業界をリードする

積極的な研究開発により、多様なニーズに応える医薬品やワクチンの開発に取り組んでいます。

主な取り組み

コンパニオンアニマル

/product-list/?product-category=&species=pets

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

ブラベクト®錠は、おいしいチュアブル1錠で、2つの寄生虫(ノミ・マダニ)に、効果が3ヶ月続く、新しいノミ・マダニ駆除薬です。

キャトル

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

LPT(Lung Protection Therapy)は、抗菌剤とNSAIDsを併用する新たな治療戦略です。

スワイン

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

PRDCをポーシリスPCV、ポーシリスAPP-N、エムパックおよびフロロコールを用いて適切にコントロールします。

ポートリー

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

ノビリス® IB MA5とノビリス® IB 4-91でがっちりガード!
防御型【Protectotype】を提唱しています。

アクアカルチャー

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

オイルアジュバントを使用した日本で初めての水産用ワクチンです。

飼料添加物

これ以降には要指示医薬品を含む動物用医薬品等に関する情報が含まれています。

国内の獣医療関係者に当社の動物用医薬品等の情報を提供するためのページであり、一般の方への情報提供を目的としたものではございません。ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

私は獣医です
獣医師の方
ペットオーナーの方
ペットオーナーの方
生産者の方
生産者の方

飼料に含まれる栄養成分の有効な利用を促進し、家畜の飼養成績を改善します。

研究開発

動物の健康を改善するだけでなく、オーナーも恩恵を被る製品を研究開発しています。

パイプライン

研究開発に多額の投資を続けることによって、豊富な品揃えの医薬品・ワクチンを有します。寄生虫や感染症に対処することから、動物の健康や能力を改善することまで、数多くのプロジェクトに取り組んでいます。さらに、新しいテクノロジーにより人獣共通感染症を含む多くの疾病に対するワクチンを開発しています。

施設

医薬品、ワクチンの研究を世界中で行っています。地域的な問題に解決するためにも、各地での研究を推進しています。これら施設の詳細は、こちらをご覧ください。

MSD Animal Healthについて

テクノロジー

最先端のテクノロジーを活用して研究開発しています。
ワクチンでは、

  • 免疫応答を増強・賦活化するアジュバント技術により有効性を高めています。
  • 免疫遺伝学やバイオインフォーマティックスにより自然免疫を治療に取り込んでいます。
  • ベクターやキメラワクチンによってウイルスのDNAで免疫を誘導しています。
  • SPHEREON技術により、溶けやすく高密度なワクチンを製造しています。

医薬品では、成分を工夫することにより、

  • 犬にはフレーバー錠
  • 猫には高嗜好性液剤
  • 畜産動物には飲水投与を可能とした駆虫剤等を開発しています。

パートナー

提携企業、大学、バイオテクノロジー企業や研究機関と共に幅広い研究開発を進めています。
また、米国本社(Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.)との協力関係により相乗効果を発揮しています。