ノビリス®リスマバック

マレック病を予防するワクチンです。主剤に鶏胚初代細胞培養弱毒マレック病ウイルスCVI988株を使用しており、超強毒MDV(vvMDV)にも有効性が確認されています。

効能・効果マレック病の予防
用法・用量1. 1日齢の鶏の頚部皮下接種又は脚部筋肉内接種
  凍結ワクチンを別売りの溶解用液「ノビリス ディルエントCA」で0.2ml当たり
  1羽分が含まれるように懸濁し、1日齢の鶏の頚部皮下又は脚部筋肉内に
  1羽当たり0.2mlを接種する。
2. 発育鶏卵内接種
  凍結ワクチンを別売りの溶解用液「ノビリスディルエントCA」で0.05 ml当たり
  1個分が含まれるように懸濁し、自動卵内接種機を用いて18日齢の発育鶏卵に
  1個当たり0.05 mlを接種する。
包装1000羽分 1アンプル
対象動物1日齢の鶏、発育鶏卵
投与経路頸部皮下接種・脚部筋肉内接種(1日齢の鶏)、発育鶏卵内接種(発育鶏卵)
製剤区分生物学的製剤
貯蔵方法-100℃以下

添付文書(動物用医薬品等データベース)