スワイン

製品情報 > スワイン

エムパック®

マイコプラズマ・ハイオニューモニエ感染症の不活化ワクチンで、
豚のマイコプラズマ性肺炎による肺病変形成を抑制し生産性を改善します。

効能・効果豚のマイコプラズマ性肺炎による肺病変形成の抑制ならびに増体量抑制及び飼料効率低下の軽減
用法・用量1週齢以上の子豚に1mLを2週間隔で2回、頚部筋肉内に注射する。
又は、3週齢以上の子豚に2mLを1回、頚部筋肉内に注射する。
包装50mL(25〜50頭分)
対象動物豚 1週齢以上
投与経路頚部筋肉内注射
製剤区分生物学的製剤
貯蔵方法2~8℃