コンパニオンアニマル

動物種別メニュー

子犬がおうちにやってきたら…
慣れるまでは無理をさせないで

おうちに慣れるまでの2~3日間は、子犬にとっては初めての経験の連続で、知らずしらずに疲れてしまうことがしばしばあります。
特に小さなお子様のいらっしゃるおうちでは、遊びすぎに気をつけてあげてください。子犬がひとりでゆっくり休めるような環境を作ってあげることも大切です。

子犬が落ち着いてきたら…
なるべく早いうちに動物病院へ

子犬の様子が落ち着いてきたら、なるべく早いうちに動物病院へ連れて行きましょう。子犬のうちは免疫機能が成犬に比べて十分に発達していないので、さまざまなウィルスや細菌に感染してしまう可能性があります。
ワクチンの接種がまだなら、なるべく早く接種させましょう。

はじめて動物病院に行くときは…
「ワクチン接種証明書」と「便」を持参

もし子犬がペットショップやブリーダーのもとで、すでにワクチン接種を受けているなら証明書を持参します。次にどのワクチンを、いつ接種すべきなのかを、獣医師が判断するための情報になります。
また、子犬はおなかに寄生虫が感染していることがあります。できればその日にした便を持っていきましょう。糞便検査で寄生虫の有無を診てもらえます。

<子犬に必要な予防>

混合ワクチン

犬の主要な感染症の原因となるウィルスや、細菌に対するワクチンが、1本のバイアルに混合されているものです。お住まいの地域やライフスタイルによって必要なワクチンには多少違いがあります。
子犬のうちは母犬からの免疫とワクチンが拮抗しないように、通常3~4週間ごとに2回から3回接種します。1歳以降は、通常定期的に接種します。

混合ワクチンで予防できる病気

  • 犬ジステンパー
  • 犬パルボウィルス感染症
  • 犬伝染性喉頭気管炎
  • 犬パラインフルエンザウィルス感染症
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬レプトスピラ病 …など

狂犬病ワクチン

現在、日本では狂犬病の発生は見られていませんが、もし発症すると、犬も人も100%死亡してしまう大変怖い病気です。1年に1回の接種が義務付けられています。

フィラリア予防

フィラリア症とは、蚊を介して感染した寄生虫(糸状虫)が、心臓に寄生することによって起こる病気です。蚊の生息期間中は、毎年予防が必要です。

ノミ予防薬

ノミは暖かい季節に多く見られる寄生虫です。寄生されると、激しい痒みと皮膚炎を引き起こします。犬や猫だけでなく、人にも同様の症状を起こしますので、特に春・夏は予防が必要です。

子犬の社会化について

子犬にはさまざまな経験が必要です

生後3~14週齢頃の時期は「社会化期」といわれ、中でも3~12週齢が子犬の性格を決める上で最も大切な時期です。この時期に他の犬と接触させるなど、さまざまな経験をさせることが重要です。
この時期を過ぎた子犬は、見慣れないモノや経験のないことがらに対して恐怖心を抱くことがあります。社会化ができていないと、成犬になってからの問題行動にまで発展する可能性もあります。
より早い時期にワクチン接種を開始して子犬を社会化させてあげることが大切です。