動物用イソフルラン(動物用吸引麻酔剤)

image-Isoflu

理想的な揮発性吸入麻酔薬としてのイソフルラン

  • 血液に対する低い溶解性

  • 生体における代謝は極小

  • 心血管系副作用が少ない

  • 重要臓器の血流量に対する影響が小さい

  • 良好な筋弛緩作用

  • オペレータに対する高い安全性(職業暴露)

血液に対する非常に低い溶解性

動物用イソフルラン」の主要な特性の一つは、血液および脂肪に対する溶解性が非常に低いことによる、迅速な麻酔導入、すなわち急速に深い麻酔深度が得られる点です。気化器の設定の変更に対し、動物が従来の吸入麻酔薬より短時間で反応を示すことが期待でき、このことはイソフルランの調節性の高さにつながっています。同様に、イソフルランを中止し、麻酔回路から消失させれば、麻酔深度は急速に浅くなり、動物は短時間のうちに覚醒します。

生体代謝率が非常に低い

動物の生体内で代謝を受けるイソフルランは吸入量の0.2%未満です。つまり、事実上ほとんどすべてのイソフルランは肺から、代謝を受けずに排泄されることとなり、イソフルランでは麻酔薬が原因と考えられる術後肝障害のリスクが非常に低いとされています。

少ない心血管系副作用

イソフルランは用量依存的に血圧の低下を招きますが、ハロタンと比べて直接的な心筋抑制作用は小さいものです。さらにハロタンと異なり、カテコラミンに対する心筋の感受性に対する影響が小さいため、不整脈のリスクも低いとされています。

重要臓器への血流に対する影響

イソフルランの肝、腎血流量に対する影響は、ハロタンと比較してもより小さく、イソフルランは腎臓、肝臓に対して、広い安全域を示します。

筋弛緩作用

イソフルランの筋弛緩作用はハロタンより強く、さまざまな外科的処置を実施するのに適しています。

  • 発売元
    株式会社インターベット.

    東京都千代田区九段北一丁目13番12号 北の丸スクエア8F
    TEL:03‐6272‐1099